KYOWA KIRIN
MENU

ルミセフの自己注射 自己注射の投与方法や注意事項についてご紹介します。

ルミセフを使用されている方へ

ルミセフの自己注射 自己注射の投与方法や注意事項についてご紹介します。

監修:NTT東日本関東病院 皮膚科 部長 五十嵐 敦之先生

注射後について

廃棄について

  • 使用済みのシリンジ(注射器)が入った廃棄ボックスの廃棄方法は、主治医の指示に従ってください。
  • シリンジ(注射器)は針キャップをつけずに廃棄ボックスに廃棄してください。
  • 廃棄ボックスに入れた使用済みのシリンジ(注射器)は、小児の手の届かないところに保管し、家庭用のごみと一緒に捨てないでください。
  • 特に指示がない限り、アルコール綿および針キャップ、ブリスター(包装)、外箱は家庭ごみとして各市町村の収集方法に従い捨ててください。
廃棄について
廃棄について

「アルコール綿」および「針キャップ」を
廃棄ボックスに捨てることも可能です。

注射部位と注射した日の記録

注射した部位と注射した日をルミセフ®の『体調管理手帳』に記録し、次回の注射に備えましょう。
また、病院に行く際は注射の記録を持参し、医師や看護師のチェックを受けてください。

体調管理手帳

このような場合は、病院に連絡を

ルミセフ®を注射した後に、「いつもと何か違う」と感じたら、速やかに病院に連絡してください。
特に次のような症状があらわれた場合には、次の受診日を待たずに、すぐに主治医や医療スタッフに連絡してください。

胸 部 せきがつづく。
口や喉 嘔吐、のどの痛み、口唇周囲のはれ。
皮 膚 かゆみ、じんましん、発疹。
全 身 かぜのような症状、からだがだるい、発熱、さむけ、 ふらつき、異常に汗をかく。

2018年11月作成 KK-18-09-23512

このページの上部へ