KYOWA KIRIN
MENU

疾患について 強直性脊椎炎、X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎の病態、治療などや日常生活で注意していただきたいことについてご紹介します。

ルミセフを使用されている方へ

疾患について ルミセフを使用されている方へ

日常生活で注意していただきたいこと1)

症状を抑え、日常生活を無理なく送るために、以下の点に注意してみましょう。

負担を避ける

  • 起床後は、まず伸びをしてから、徐々に体を動かし始めるようにしましょう。
  • 物を拾う時には、脊椎を曲げる代わりに膝を曲げるようにしましょう。
  • 急な動作はなるべく避けましょう。
  • ベッドやまくらは硬めのものを使い、脊椎や頸への負担を避けるようにしましょう。
  • 仕事や家事は自分のペースを保ちながら行いましょう。
脊椎を曲げる代わりに膝を曲げる

心がけたい動作

  • 毎日数回、深呼吸をしましょう。
  • 動かせる脊椎や関節は、毎日必ず動かしましょう。
  • 長い時間同じ姿勢をとることは避け、できるだけ頻繁に体を動かしましょう。自動車の運転の時も定期的に車外に出て体を伸ばしましょう。
毎日数回、深呼吸

運動・食事

  • バランスの良い食生活を心がけましょう。
  • タバコは控えましょう。
  • 脊椎や関節への負担を避けるため、できるだけ体重を増やさないようにしましょう。
  • 運動は積極的に行いましょう。ただし無理は禁物です。
タバコは控える

リラックス

  • シャワーや入浴はリラックスできるのでお勧めです。
  • できるだけストレスを避けましょう。
シャワーや入浴はお勧め

無理なく日常生活を送るため1)

症状を抑え、徐々に体を動かせるように

痛みやはれなどの症状を抑え、徐々に体を動かせるように治療していきます。
たとえば...

料理 入浴
頸ストレッチ
頸ストレッチ

日本脊椎関節炎学会ホームページ
「AS患者さんのための体操教室」
http://www.spondyloarthritis.jp/common/img/pamphlet.pdf

無理なく日常生活を送れるようになったら、症状に応じて、少しずつ行動範囲を広げていきましょう。

行動範囲を広げていきましょう

医師は、患者さんの症状をみながら、痛み止め、局所ステロイド注射、生物学的製剤を使用していきます。
治療は個々の患者さんの症状に合わせて行いますので、心配なこと、やりたいことなどがあるときは、遠慮せずに医師や医療スタッフに相談しましょう。

医師や医療スタッフに相談

1) 日本AS友の会. 強直性脊椎炎療養の手引き(第3版)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~asweb/QandA/AS_medical_treatment_manual_rev1.pdf(2021年2月閲覧)

KKC-2020-00390-2

このページの上部へ